有料会員限定

ムスカ 会長(創業者) 串間充崇 ハエと一緒に苦節20年! 環境を救う新しい技術

印刷
A
A

有機廃棄物を分解する際、特別な能力を持ったハエを用いる新技術が注目されている。環境に優しく低コストだ。ハエに魅せられた男の人生。

イエバエの幼虫のふんを使った肥料(左手側。濃い茶色)と、幼虫を乾燥させた飼料(右手側。黄土色)を手に。CEOを退いた現在、東京と宮崎を行き来しながら第1号プラントの建設に専念している(撮影:尾形文繁)

ムスカ・ドメスティカ。この言葉を知っている人は、研究者か虫マニアだろう。生ゴミや動物の排泄(はいせつ)物に群がるあのハエ、イエバエの学名である。

このイエバエの学名に由来する社名を持つベンチャー「ムスカ」が、昨年からにわかに存在感を増している。ベンチャーを対象にしたビジネスコンテストで立て続けに上位に入賞。丸紅、伊藤忠商事、新生銀行とそれぞれ提携し、出資を受けた。経済産業省がベンチャーを支援するプログラム「J-Startup」にも選定されている。

ムスカが実現しようとしているのは、イエバエを使った、環境負荷が小さく、コストの安い有機廃棄物のバイオマス処理だ。このイエバエは、ロシアで1950年代から半世紀、1200世代の選別交配を行って特別な能力を備えた、いわばスーパーイエバエだ。

現在、日本では家畜の排泄物や食品残渣(ざんさ)(食品ゴミ)などの有機廃棄物が年間1億トン発生している。その処理法の1つとして有機廃棄物を堆肥にしているが、一般的には有機物が分解され堆肥になるまでに2~3カ月を要する。ところがムスカのイエバエの幼虫は、それを1週間で食べ尽くす。さらに、そのふんが肥料になり、幼虫を乾燥させると飼料になるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内