4000億円でZOZOを買収、EC覇権狙うヤフーの焦り ヤフーの買収案件としては過去最大規模

印刷
A
A

業界を驚かせた買収劇。“相思相愛”の提携は成果を上げられるか。

会見に登壇したヤフーの川邊健太郎社長(左)と、ゾゾの澤田宏太郎新社長(中央)、前澤友作前社長(右)。前澤氏はファウンダーとして今後もゾゾのイベントには参加するという(撮影:風間仁一郎)

ネット通販(EC)業界の下克上が起きるのか。ヤフーは9月12日、ファッションEC「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZO(ゾゾ)と資本業務提携を結び、同社の株式を公開買い付けすると発表した。買い付け価格は1株2620円で、10月上旬から買い付けを始める。ヤフーの買収案件としては過去最大規模となる約4000億円を投じ、50%超の株式取得を目指す。

同日付でゾゾの創業者であり、同社株式の約36%を有する筆頭株主の前澤友作氏は社長を辞任。公開買い付けに応じる考えで、今後は宇宙旅行の準備など個人活動に専念するという。

会見の場でヤフーの川邊健太郎社長は「ゾゾとの資本業務提携で、国内EC取扱高ナンバーワンが射程圏に入ってくる」と発言。一方の前澤氏は「お互いの弱点を補い合い、いいところは伸ばし合える結婚のような提携」と述べた。

両社の距離が縮まったのは今年の6月下旬だ。前澤氏が、かねてより私淑するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長に進退の相談を持ちかけたところ、孫氏がヤフーの川邊氏を紹介。その後、前澤氏が自身の株式をヤフーに売却可能であるとの意思を表明し、交渉が一気に進んだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内