有料会員限定

AI店舗の衝撃 トライアル、サツドラの挑戦

印刷
A
A

福岡を地盤に全国展開する食品スーパーと、北海道に根を張るドラッグチェーン。AI化をいち早く進める業界の「異端児」たちは、ハイテクを駆使した近未来型店舗で何を実現しようとしているのだろうか。

本誌 石阪友貴、若泉もえな、中川雅博、梅咲恵司
写真:「メガセンタートライアル新宮店」の店内には、大型モニターやAIカメラなどの機器が並ぶ

トライアル|九州発スーパーの「メディア」化戦略

福岡市に本社を構えるトライアルホールディングス(HD)。同社は4月下旬、おひざ元の福岡県新宮町にディスカウントストア「メガセンタートライアル新宮店」をオープンした。

数カ月をかけて既存店を改装した新店舗への顧客の注目度は、抜群に高かった。開業初日に足を運んでみると、開店する朝8時半には、すでに100人超の行列ができていた。周辺の駐車場も満車の状態。夫婦で並んでいた60代の女性は、「開店セールで商品がとても安くなるので楽しみにしていた」と話してくれた。

この店舗に熱い視線を注ぐのは消費者だけではない。開店初日には、背広を着たビジネスパーソンの姿が少なくなかった。

新店舗は通常の小売店舗ではなく、AI(人工知能)を活用した仕組みが採用されている、いわゆる「AI店舗」だ。近未来型店舗のあり方を模索している食品スーパーやメーカーといった小売関係者がこぞって関心を寄せている。

売り場には、一般的なスーパーでは見慣れない光景が広がる。大型のデジタルサイネージがずらりと並び、天井にはスマートフォンほどの大きさの「AIカメラ」が無数に吊り下げられている。トライアルHDが自社開発し、店内に設置したこのカメラは、その数およそ1500台。こうした機材をAIによって管理・運用して、店舗運営にフル活用している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内