ファーウェイ 巨大帝国の光と闇 日本はどう振る舞うべきか

印刷
A
A

米政府のファーウェイ制裁は、これからが本番だ。5月中旬には政府調達排除に関する細則が明らかになる見通し。中国の巨大企業はなぜかくも力強いのか。この企業の何が米国をいら立たせているのか。

本誌:杉本りうこ

写真:中国・深圳の通信会社のショップ。スマートフォン市場においてファーウェイは今や、米アップルと韓サムスン電子をおびやかす手強いライバルになった

特集「アメリカの敵「ファーウェイ」」の他の記事を読む

この記事は、東洋経済メーリングブック『ファーウェイの真実 Inside The Black Box』のリポートを基にしています。オリジナルのリポートのボリュームは本誌30ページ相当。それが3日ごとにメールで1章ずつ配信されます。詳細・購読登録は上記バナーからご確認いただけます。

「米政府は負け犬の振る舞いをしている。競争では勝てないからといって、われわれを不当に打ちのめそうとしているのだ」。通信設備の世界大手、中国ファーウェイ(華為技術)の郭平・輪番会長は3月29日、中国・深圳で開いた決算発表会見で挑発的に言ってのけた。

米政府は昨夏からファーウェイに対する制裁方針を鮮明にしている。他国でもファーウェイ製品の採用を見合わせる動きが官民に広がった。そうした逆風下にもかかわらず、ファーウェイの2018年の業績は売上高が前年比19%増の7212億元(11.6兆円)、純利益は同25%増の593億元(9577億円)と増収増益を守った。2月には折り畳み型スマートフォンを発表し、開発力の高さも誇示した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内