有料会員限定

スクープ!社外監査役が廣済堂TOBに異例の反対表明 「今回のTOBの本質は現経営陣による自己保身だ」

印刷
A
A
廣済堂社外監査役の中辻一夫氏(撮影:尾形文繁)

東証1部上場の「廣済堂」を巡るTOB(株式の公開買い付け)。すでに会社側が賛同を表明しているこのTOBに対し、廣済堂の社外監査役と筆頭株主が「待った」をかける異例の事態に発展することが本誌取材で明らかになった。

2月18日、社外監査役の中辻一夫氏と筆頭株主の櫻井美江氏(廣済堂株を9.69%保有)が、廣済堂のTOBに反対を表明する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内