有料会員限定

『#リパブリック』 『NETFLIXの最強人事戦略』ほか

印刷
A
A
#リパブリック: インターネットは民主主義になにをもたらすのか
#リパブリック: インターネットは民主主義になにをもたらすのか(キャス・サンスティーン 著/伊達尚美 訳/勁草書房/3200円+税/366ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
Cass Sunstein●ハーバード大学ロースクール教授。1954年生まれ。米国最高裁判所、司法省に勤務、シカゴ大学教授を経て現職。ノーベル経済学賞受賞者R・セイラーとの共著『実践 行動経済学』は全米ベストセラー。ほかに『選択しないという選択』『熟議が壊れるとき』。

ネット社会で消費者ではなく市民として生きる

評者 北海道大学大学院教授 橋本 努

フェイスブックは2016年、ニュースフィードの大きな変更を行った。利用者の好みに合わせて、最も関連する記事を画面のトップに示すようにしたのである。

その結果、利用者たちはあまり情報を探索しなくても、関心のある情報に囲まれて暮らすことができるようになった。今日のAI技術は、人々の選好を学習して予測するようになっている。

けれどもそんな方法で提供される情報は、本当に私たちが必要としているものなのか。それは違う、と著者は指摘する。利用者の好みに合わせて個別に情報を流すと、ニュースフィードには大量のフェイク・ニュースがあふれるかもしれない。ヒラリー・クリントンが嫌いな人には、ヒラリーを嘲る偽情報を流すと、それでたしかに喜んでもらえるかもしれない。

しかし、人が自分にとって都合のいい情報にばかり触れていると、やがて民主主義の社会は劣化してしまう。他人の意見に耳を傾けて意見を軌道修正する機会が少なくなってしまうからである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内