有料会員限定

シャープ製火災多発の技術的背景 専門家に聞く

印刷
A
A

太陽光パネル(太陽電池モジュール)の火災事故事例の多くをシャープ製が占めていることについて、専門家はどう見ているのか。

太陽光発電の安全問題に詳しい吉富政宣・吉富電気代表取締役は、「いくつもの要因が複合的に作用している」と指摘する。

2016年4月11日に川崎市内の住宅で発生したシャープ製パネルの火災事故について分析した吉富氏は、問題の所在は製品の欠陥にあると見ている。「屋根瓦による部分的な日陰が発火の促進要因になるのは確かだが、実際に日陰で発火するパネルは設計に欠陥があると言わざるをえない」。

火災を多発させる3つの複合要因

吉富氏は、シャープ製パネルが火災を引き起こす要因として、①欠陥のある銀電極分離型セル、②脆弱なバイパス装置、③パネルに苛烈な負荷を与えるマルチ入力パワーコンディショナー(パワコン)、の3点を指摘する。

特集「シャープ製パネルで相次ぐ火災事故の深層」の他の記事を読む

セルとは太陽電池の最小単位で、大きさは10~15センチメートル角。その受光面で太陽光エネルギーをとらえて電気を作り出し、銀電極に集める。シャープ製の場合、セルの集電設計に問題点があるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内