『2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル』を書いた沖有人氏に聞く 「自宅マンション投資で資産作りせよ」

印刷
A
A

マンション価格に高値警戒感が出ているが、自宅マンション投資を勧める著者は、今の価格水準のまま先行き5年ぐらいは下がらないと言う。

2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル
2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル(沖 有人 著/朝日新聞出版/1800円+税/245ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

自宅マンション投資で資産作りせよ

──根拠のない警戒感なのですね。

2020年の東京オリンピック後を意識する人は多いが、関係ないと思っている。確かに建築費が今高い。バブル期より高いほどだが、建築の受注残は23年ぐらいまで高水準が続き、建築費に下がる要素はない。土地価格の下落しか不動産価格が下がる理由はないが、土地価格は人口密度と比例する。人口の増える所は下がらないし、減る所は下がる。峻別する目は必要だが、好立地の不動産の価格は下がりようがない。

エリアを絞れば、東京の都心部なら中央区、千代田区、港区で人口が減る話はない。中でも増えているのは中央区。人もマンションもだ。人は過去10年で5割近く増え、小学校が足りなくなってきた。オリンピック選手の宿舎ができるのが中央区であり、払い下げが出ることになるが、それも5000世帯分以上で、それだけで人口が1万人以上増えることが確定している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内