有料会員限定

川喜田二郎の発想法で表現法を学ぶ(6) 人間行動観察での七つの着眼点を知る

印刷
A
A

観察と表現は、表裏一体の関係にある。観察した内容を的確に表現することができなくては、観察の結果が他者に伝わらない。川喜田二郎氏は、人間行動の観察に関して、七つの着眼点があると指摘する。この着眼点をできるだけ正確に、しかもわかりやすく表現する技法を身に付けなくてはならない。

それでは、七つの着眼点について、順番に見ていこう。

〈第一は「類型的行動」である。人間の行動は、あるまとまりを持った単位に区切ることができる。すなわち、ひとまとまりの行動である。この単位的な行動は、これを類型的にまとめて表現することができる。たとえば、散歩、食事、出産、討論、恋愛、お祭り、農耕、戦争、など。そしてこういう類型化された行動に対して、当事者たちはさまざまの名前を与え、概念を用意している。それでこのような類型化された行動の名前とか概念とかについて、調査しなければならない。〉(川喜田二郎『発想法 改版』中公新書、2017年、38~39ページ)

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内