有料会員限定

日産「リーフ」が大刷新 EVは大衆車になるか

印刷
A
A

図らずも世界中で追い風が吹く中、日産は電気自動車(EV)で存在感を強められるか。

幕張メッセで大々的に行われた新型「リーフ」の発表会。日産の威信を懸けた車だ(撮影:大澤 誠)

「日産は初代リーフの発売以来、EV(電気自動車)の先駆者としての自負がある。新型リーフは今後の日産のコアとなる実力を持った車だ」

日産自動車は9月6日、EV「リーフ」を全面改良し、10月2日から日本で発売すると発表した。米国、カナダ、欧州でも来年1月に発売する。西川廣人社長は冒頭の発言のとおり、出来映えに自信を見せた。

日産は次世代エコカーとして、早くからEVに注力。2010年の発売以来、リーフの累計販売は国内で約8万台、世界では約28万台に達し、世界で最も売れているEVだ。

ただ日産・仏ルノー連合として当初掲げていた、リーフを含む16年度までのEV販売目標150万台には大幅未達。航続距離などに不安を持つ人が多かったためだ。現在月1000台程度にとどまる国内販売だが、初の全面刷新で、「新型リーフは間違いなく倍は売れる。3倍ぐらいはいける」と、西川社長は強気だ。

航続距離は400キロに

日産の自信の裏には、普及のネックだった航続距離や充電インフラなどを徹底的に改善したことがある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内