有料会員限定

JASRACの運営は不透明だ! ファンキー末吉激白

印刷
A
A

著作権など音楽家の権利を管理する日本音楽著作権協会。だがその運営方法に音楽家側から批判の声が上がった。

(本誌:福田恵介)
写真:

日本音楽著作権協会(JASRAC)の運営に対し、批判の声が高まっている。JASRACは今年2月、音楽教室での演奏について、著作権の使用料を徴収すると発表した。これに対しヤマハ音楽振興会など音楽教室を運営する251の団体は、JASRACには使用料を徴収する権限がないとして、東京地方裁判所に訴訟を提起した。

著作権を持つ音楽家も、JASRACの運営に異議を唱えた。人気バンド「爆風スランプ」のドラマーとして有名なファンキー末吉氏だ。JASRACとの裁判で敗訴したものの「争点は社会全体の問題だ」とその問題点を激白する。

 

──JASRACは、音楽家の権利を守るどころか、活動を制限していると指摘されていますね。

末吉:そうだ。私は長らく、音楽家として印税や演奏使用料をもらう立場だった。ところが2009年に東京都内でオープンしたライブハウスの運営にかかわることになって初めて、支払う側の立場を理解した。そこで、JASRACとの契約や使用料支払いについて疑問を持つことになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内