有料会員限定

民進党は政権担当能力を世に示せ 課題は失敗を踏まえた政策提案

印刷
A
A
7月に行われた予算委員会の閉会中審査で、首相と加計学園理事長との親密ぶりが明らかに(時事)

7月24、25日に衆参予算委員会の閉会中審査が行われた。安倍晋三首相が出席し、ヤジや乱雑な言葉による答弁はなかったものの、加計孝太郎・加計学園理事長との親密な会食の実態が明らかになった。

首相は、学園の計画については何ら働きかけがなく、自身も具体的な指示を与えていなかったことを強調した。にもかかわらず、それらを裏付ける文書はいっさいなく、首相の指示があったとする文部科学省側の文書の存在と比べると、首相側の立論の弱さもまた浮き彫りとなった。加計学園の獣医学部新設をめぐり今治市が国家戦略特区に指定される1月20日まで、加計学園の関与を正式に知らなかったとする首相の答弁は、信用に値するものとはいいがたい。

8月3日に内閣改造が行われたが、急落した内閣支持率の反転上昇はまず無理だろう。加計学園の審議を中心とする通常国会が現政権に与えた衝撃はかくも深刻であった。そのため、従来ほとんどメディアが無視していた野党、なかんずく民進党への関心があらためて高まりつつある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内