有料会員限定

東京五輪にロシアはフル出場できるのか? プーチンもガッカリ、厳しくなるドーピング検査

拡大
縮小

ドーピング排除に向け、検査回数を増加、設備増強も進めている。

リオ五輪出場を拒否されて、涙を流す棒高跳びのイシンバエワ選手(右)とプーチン大統領(EPA=時事)

ロシアの国家ぐるみのドーピングによる出場資格停止問題は、リオデジャネイロ五輪に影を落とした。

世界的にドーピング対策について、初の話し合いが行われたのは1964年のことだ。その後長らく、検査手法などは、各競技団体に任されていた。しかし99年、中立性を保つために世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が設立され、数百種類にも及ぶ禁止物質の規定など統一ルールが定められた。

だが、WADAが張り巡らしたはずの監視網は、あろうことか“身内”に破られた。ロシアで違反者を摘発する立場のはずの、ロシア・アンチ・ドーピング機構やモスクワの検査機関が、検体のすり替えなどドーピングの隠蔽工作に加担したのだ。裏切られたWADAは威信を懸けて徹底調査を実施。ロシア選手団のリオ五輪出場禁止を勧告した。

しかし、IOC(国際オリンピック委員会)は、ロシア選手のリオ五輪出場についての判断を各競技団体に委ねて、責任を回避。結局、陸上や重量挙げなどを除いて、多くの選手が参加を認められた。他方、IPC(国際パラリンピック委員会)は、ロシア選手のリオパラ五輪からの全面的な排除を決定した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内