有料会員限定

米原発会社WH(ウエスチングハウス) 逆風下でも超強気の不気味 東芝巨額減損の現場を行く

印刷
A
A

2600億円ののれん減損で東芝は債務超過転落の危機に瀕した。それでも「格下げによる割引率の引き上げで減損するが事業は好調だ」と志賀重範副社長は強気の姿勢を崩さない。しかも、米WHのロデリックCEOはもっと強気だ。

米国南部のジョージア州オーガスタ。ゴルフの4大メジャータイトルの一つ、マスターズ・トーナメントが開かれることで世界的に有名な地である。最寄りの空港から牧場や別荘があるのどかな街並みを自動車で飛ばすこと30分。木々がうっそうと生い茂る道を抜けると、突如、天空を突き刺すような高さ約180メートルの四つの長い筒が立ちはだかる。ここはボーグル原子力発電所。1980年代後半に2基が稼働を始めており、訪れてみると蒸気をもくもくと上げていた。

これら稼働中の2基はテロ対策の関係上、部外者が近づくことは許されない。が、建設中の2基となると話は別だ。これら2基は、東芝の子会社で米原発会社のウエスチングハウス(WH)が建設を行っている真っただ中。日本のメディアも、建設現場に立ち入ることが許された。

黄色のベストと防護眼鏡、ヘルメットを着け、登山靴のような専用靴に履き替え、建設中の現場に足を踏み入れる。大型トラックや重機が行き来する現場は、日本の高層ビルや大型商業施設の建設現場とそう大差はない。延べ4000人を超す人が携わっており、女性の作業員の姿もある。作業員の表情は一様に明るく、活気に満ちあふれていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内