トランプの危険な賭け 保護貿易主義は自らの足をすくう

拡大
縮小

ドナルド・トランプ候補がトランプ大統領となった暁には、彼が言うように貿易問題に対して見境なく行動するのであろうか。あるいは、「中国製品へ一律45%の輸入関税をかける」「フォード・モーターのような米国企業がメキシコで生産した製品には35%を課税する」というのははったりなのだろうか。誰にもそれはわからないが、おそらくトランプ氏自身もわからないのだろう。

トランプ氏が仮に大統領に就けば、米国法の下で脅しをかける権力を有する。もしそのようなことをすれば米国経済に被害を与え、おそらく景気後退を招くが、日本、韓国、タイ、台湾などといった米国の友好国・同盟国のほうがもっとダメージが大きいだろう。

高関税政策は税金と同義だ

トランプ氏がもし11月の米大統領選本選に敗れたとしても、危険な変革が生まれる可能性はある。戦後の米国で、完全な保護貿易主義者が大統領に指名されたことはなかった。多くの共和党員はトランプ氏の大勝利を見通して、予備選において負けることを恐れスタンスを変えるだろう。

この記事の特集
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内