有料会員限定

30歳代新社長が創業者を超える日 証券会社時代のあだ名は「ジャパ」

印刷
A
A
新社長・旭人が率いる東京・六本木オフィスの真新しいロゴ(撮影:大塚一仁)

1年前のちょうど今頃、業績は過去最高益を記録し、社内の結束力は高まっていた。それを見た高田明は強い決意を持って、長男で副社長(当時)の旭人と食事を共にした。息子には以前から、経営トップ就任を打診していた。それを強く要請する日が来たのである。「覚悟を決めたら」と父。1時間後、息子から言葉が絞り出された。「わかった。やる」。

実は旭人の気持ちもほぼ固まっていた。そのきっかけの一つになったのが、「父との戦い」だ。創業以来、父は佐世保の本社スタジオで番組を制作してきた。それに対し、旭人が任されたのは、最新鋭スタジオを持つ東京・六本木の新拠点だった。

「最高益を達成しなければ社長を辞める」と宣言した2013年。高田が仕掛けた起爆剤の一つが、自らが率いる佐世保と息子が全責任を持つ東京との全面対決であった。勝負は単純にどっちが売れるか。序盤の3カ月は五分五分だった。だが、手応えを得た旭人が「自分たちの手法をもっと浸透させたい」と強気に出ると、父の目の色が変わった。その後は二馬身、三馬身……と差は開くばかり。息子の完敗だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内