丸ノ内線「方南町」はこれから大きく変わる

2019年度には6両編成化が実現

まもなく営団地下鉄に、4号線の荻窪への延伸要望が舞い込む。彼らとしては建設費増大が悩みどころだったが、東京西部の交通問題解決のために受け入れることとした。同時に車庫を建設する土地の西隣にある方南町まで、地域住民の要望に応え伸ばすことになった。

その結果、1961年から翌年にかけて開業した新宿以西の区間は、現在のような丁字型となり、丸ノ内線と直通運転する本線が新宿-荻窪間、支線が中野坂上-方南町間と、主従関係が逆転してしまったのである。線名さえ荻窪線(その後1972年に丸ノ内線に編入)と、荻窪直結をアピールしていた。

当初は荻窪行きが4両編成、方南町行きは2両編成だったが、荻窪線の駅はすべて6両編成規格で設計された。急激に乗客が増加していた丸ノ内線が6両化を進めていたからだ。支線も中野新橋と中野富士見町は、車庫に出入りする車両が客扱いをするので、本線と同じ120メートルが確保された。

方南町駅だけ短いホーム

ところが方南町駅だけは、なぜか110メートルで作られた。丸ノ内線の車両は1両18メートルなので、6両編成でも全長は108メートルにすぎず、「荻窪線建設史(帝都高速度交通営団発行)」によれば110メートルで6両編成列車停車可能とある。しかし実際は終着駅なので車止めなどのスペースが必要となり、現在は本線の6両に対し支線は3両編成に留まっている。

方南町駅を6両編成乗り入れ可能にする改良工事のポスター(筆者撮影)

方南町駅はホーム両端に出入り口があるので、どちらからアプローチしても列車まで距離がある。改札の向こうに電車が見えるのに、その電車に乗れないということも何度かあった。

車両は長らく銀座線と同じ形式を色を変えて用いてきており、支線らしさを醸し出していた。現在は本線用と基本的に同じ02系に統一されたものの、外観は細い黒帯が入るとともに、行き先表示はLEDではなく昔ながらの方向幕を採用。車内では座席端の仕切りがパネルからパイプに変わるなど、細部は微妙に異なっており、80番台を名乗っている。

その80番台が行き来する方南町駅では現在、6両編成の乗り入れと本線への直通運転を可能とすべく、改良工事が行われている。

次ページ始まっている6両編成化工事
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。