鉄道自殺防ぐ「ホームドア設置」は効果絶大だ 山手線23設置駅の人身事故は「ほぼゼロ」

拡大
縮小

9路線のうち4路線でホームドアの全駅設置を終えた東京メトロはどうだろうか。

同社は2014年2月までに、南北線、丸ノ内線、副都心線、有楽町線の4路線で、全駅のホームドア化を済ませている。ホームドア設置の翌年度以降に発生した自殺は、丸ノ内線の茗荷谷駅(2008年1月)と有楽町線の要町駅(2011年6月)の計2件があり、要町駅の1人が死亡した。

それでも、全駅設置前は4路線で計12件あったため、自殺件数は実に約83%減少したことになる。自殺を含めた人身事故も同様に、34件から2件に激減している。(※丸ノ内線の中野坂上〜中野新橋駅間で2009年5月に自殺が起きているが、駅間であるため集計からは除外した。なお両駅とも2004年5月にホームドア設置済み)

ホームドア設置で自殺が1割以下に激減

ホームドアがある駅は全国に665駅あることは冒頭で述べたが、このうち、今回の集計対象である2005年度以降にホームドアが設置されたのは390駅。この390駅で、2005年度から設置年度末までに発生した自殺は計190件あった。これが設置翌年度以降は15件に留まっており、およそ92%の自殺減少に結びついている。

自殺を含む人身事故全体でも、ホームドアの設置年度の前後で、計435件から28件に約94%の減少を実現していた。

件数で記述すると、命の話ではなくデータ化された数字の話に思えてくるかもしれない。そんなときは単位を「件」から「人」に置き換えて、冒頭からもう一度読んでみてほしい。

次ページ山手線23駅の設置前・設置後は?
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT