地域間で8倍もの差!「水道料金」が異なる背景 孤独死しそうな「水道インフラ」をどう救うか

印刷
A
A

地域で異なる水道料金。施設の老朽化や技術者不足など、さまざまな課題も見え隠れする。

兵庫県赤穂市と北海道夕張市の水道料金は8倍もの差がある(写真:pu- /PIXTA)

特集「水道危機」の他の記事を読む

日本の水道事業は「安全な水が、24時間、当たり前に使えること」を目標に進められてきた。だが水道インフラが機能するようになると、次第に市民から意識されないものになった。

その結果水道インフラは、修繕されないまま放置され続けて孤独死寸前だ。現在、日本全国の水道は毎年約2万件の漏水・破損事故が起きている(厚生労働省発表)。これは1日に55件の漏水・破損事故が発生している計算になる。

2021年10月には和歌山県内を流れる紀の川にかかる「六十谷(むそた)水管橋」の一部が落下し、水道管が破損。6万世帯の水が止まった。さらに2022年7月15日には、大雨の影響で、宮城県仙台市青葉区の水道管が破裂。漏水により、2万世帯以上で断水や濁った水が出る状態が続いた。

先送りされる値上げ

いつまでもあると思うな、親と水道。だが、老朽化した施設の更新には費用がかかり、水道料金の値上げにつながる。それが住民の反発につながるため、政治的理由から先送りされるケースも多い。

水道料金は自治体ごとに異なる。日本水道協会の調査(2019年4月1日現在)によると、標準世帯が1カ月に使う20立方メートル当たりの水道料金は、全国で最も安い兵庫県赤穂市の853円に対し、最も高い北海道夕張市は6841円と8倍もの差がある。

なぜこんなにも差が開くのか。水道料金の決まり方を知るには、以下のような分数式をイメージするとよい。

次ページ技術者不足の問題も
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内