稼ぐ集英社と消える書店 出版界であらわになる格差

印刷
A
A

不況続きの出版界において、好況を謳歌する大手出版社と、取次や書店との格差が浮き彫りに。

写真:集英社に好業績をもたらした『鬼滅の刃』。積極的にマルチメディア展開を進めている

紙媒体が苦戦続きの出版業界において、大手出版社と取次(出版業界の卸売業者)・書店の間の格差が浮き彫りになっている。

「大手出版社は増益となっているようだが、書店はほぼ『蚊帳の外』だ」

ある首都圏の書店経営者はこう嘆く。

出版科学研究所によると、2020年の紙の出版物の推定販売金額は、1兆2237億円と16年連続で縮小し、ピーク時の半分以下に落ち込んだ。

大手書店チェーンである丸善CHIホールディングス(店舗・ネット販売事業)や紀伊國屋書店など書店大手の営業利益率は20年度、コストに対して満足な収入を確保できず、1%にも満たなかった。1990年ごろのピーク時に2万店を上回った全国の書店数は20年3月末に9242店となり、書店の減少トレンドは止まらない。

特集「出版界であらわになる格差」の他の記事を読む

取次も苦境に直面している。

業界2強の一角・日本出版販売を擁する日販グループホールディングスの売上高は21年3月期に5210億円だったが、20年前と比べれば30%以上落ち込んでいる。しかも、売上高の大半を占める出版関連事業の営業利益率はわずか0.3%にすぎない。日販のライバル・トーハンも、業績の下降トレンドから抜け出せずにいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内