有料会員限定

今こそ与野党「ビジョン」の競演を 『枝野ビジョン』、『GDW興国論』が出版された

印刷
A
A

総選挙へ向け、過去の問題点を改革し、世界に視野を広げた政権構想を示せるか。

最近の著書で自らの政治構想を打ち出した自民党の下村博文政調会長(奥中央)(毎日新聞社/アフロ)

昨年の緊急事態宣言が発出される直前に、旧知のジャーナリストの誘いで、ある自民党政治家の政治構想作りの場に顔を出してみたことがある。テレビではよく見ていた政治家だが、直接お目にかかるのは初めてであった。

その場には政治・経済・文化などさまざまな分野の同世代の識者がおり、当の政治家の構想を基に各人が何らかの案をプレゼンテーションし、最後は論壇で活躍する研究者の取りまとめで本ができ上がるという段取りであった。私自身もとりあえず一定の話をしたものの、おそらくは新型コロナウイルス感染症もあり、また党内事情もあり、その後に本は出ずじまいである。安倍晋三首相(当時)の体調悪化とその後の自民党総裁選挙で機会を失したのであろう。

だが、第2次以降の安倍政権下で政治家が本を書かなくなり、日本政治の停滞をもたらしたことは疑いがない。安倍政権と反安倍勢力との対立は熾烈だったが、前者は何がビジョンか明らかではないまま、次から次へと政策を打ち出し、選挙を繰り広げた。後者も、安倍憎しの気持ちが上ずって、具体的に何を成し遂げたいのかわからないままであった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内