有料会員限定

アシックスの「猛反省」 原点回帰で米国事業を立て直し

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

米国で高機能ランニングシューズが失速。業績浮上に向け新体制で臨む。

本誌:中原美絵子
写真:米ニューヨークにある直営店。スタッフが、客の特性に合わせてシューズを提案している

2020年夏の東京五輪開催まで9カ月。目下の話題の中心はマラソン会場の東京から札幌への変更だが、その背後ではランニングシューズメーカーも熱戦を繰り広げている。 

総合スポーツ用品メーカーの世界2強は米ナイキと独アディダス。ただランニング市場に限れば、日本の老舗メーカー、アシックスも負けてはいない。国内市場ではトップシェア、海外でも首位級のシェアを誇り、同社の収益柱として経営を支えてきた。だが近年、その地位が脅かされる事態に陥っている。

米ニューヨークのセントラルパークの程近くに、マラソンランナーが集うランニング専門店「ジャック・ラビット」がある。マラソンブーム絶頂期の13年、その店のシューズコーナーの棚を占拠していたのは、アシックスのランニングシューズだった。だが今、その棚は米国のランニングシューズブランド「ブルックス」の商品であふれかえっている。アシックスが狙っているのは、そのシェアの奪還である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内