ネットサービスで歪むGDP 無料サービスで膨らむ「消費者余剰」

印刷
A
A

インターネットによる無料のサービスで「消費者余剰」が膨らみ、GDP統計と経済的な満足度に乖離が生じている。


(本誌:大崎 明子)
写真:かつて何度かあったカメラブームとは桁違いの爆発的な市場拡大が起きた

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの4社)のビジネスモデルは短期間のうちに世界で利用者を囲い込み、あらゆる産業に影響力を持つようになっている。最近ではマクロ経済への効果も指摘されている。無料のインターネットサービスが拡大していることで、GDP(国内総生産)が過小評価され、物価が上がらない原因になっている、という議論だ。

無料ネットサービスで「消費者余剰」が拡大

これはIT化による合理化でコストが下がることや、eコマースの普及によって小売価格が全般的に低価格化するといった「アマゾン効果」とは別の話だ。

例えば、かつては各家庭に百科事典や辞書があった。しかし今日ではウィキペディアのようなネット上で提供される無料の事典・辞書に置き換わっている。フィルム写真の市場は衰退したが、スマートフォンとフェイスブックやインスタグラムのようなSNS(交流サイト)の普及によって、写真の撮影枚数は爆発的に伸び2017年には1.2兆枚を記録している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内