有料会員限定

暴力団による乗っ取りも、資金繰りに苦しむ病院 自転車操業から抜け出せない

印刷
A
A

「経営戦略を持った人に病院を引き継いでもらいたい」。医療機関の経営に詳しい富山綜合法務事務所の行政書士、富山洋一氏はこういった相談を医療機関からよく受けるという。背景にあるのは病院の経営が厳しくなっているという実態だ。

東京商工リサーチによると、2018年の病院・医院の倒産件数は9年ぶりに40件を超え、前年比6割増の43件となった。「人件費高騰の問題が大きい。売上高人件費率が100%を超えているケースを目にすることもある」と富山氏は話す。

医療機関が収入を安定させるには、ベッドの稼働率を高めることが大切だが、そのためには医療法に定められた医師や看護師の人員配置基準を満たす必要がある。ところが医師や看護師の不足や人件費の高騰により、採用できないケースが少なくない。結果として収益を安定させられず、経営状態が悪化する。そうした病院の中には身売りを検討するところが出てくる。

実際、足元を見られた医療機関が乗っ取られるケースもある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内