大金持ちポール・アレンは投資に明け暮れた 第1回 ロック・スポーツチーム・脳研究・不動産…

印刷
A
A
2003年3月11日に撮影されたビル・ゲイツとポール・アレン(写真:REUTERS/Anthony P. Bolante)

特集「ポール・アレンの多彩すぎる生涯」の他の記事を読む

10月15日、マイクロソフトの共同創業者ポール・アレンの死去を彼の家族が発表した。享年65だった。アレンはハーバード大学を中退し、学友のビル・ゲイツに、現在では世界最大のソフトウェア会社になっているマイクロソフトを創業しようと説得した。

アレンは、マイクロソフトがまだ超巨大企業になっていない1983年、ゲイツと対立して同社を退社したが、創業時のパートナーシップとしての株式により、残りの人生と数十億ドルの資産をヨット、美術、ロック音楽、スポーツチーム、脳研究、不動産などに費やした。

1984年のポール・アレン(左)とビル・ゲイツ(写真: Doug Wilson/CORBIS/Corbis via Getty Images)

アレンはガンの一種である非ホジキンリンパ腫の合併症で死亡した。10月上旬になって、2009年にも治療を受けていた非ホジキンリンパ腫の合併症を再発させ、再び治療を受けていることを明らかにしていた。マイクロソフトを退社する前の1980年代初めにも、別のガンであるホジキンリンパ腫の早期治療を受けていた。

音楽愛好家であるアレンは、エンターテイメント業界にU2のシンガー、ボノなど有名な友人が数多くいた。大都市であるシアトルからワシントン湖を渡ったマーサー・アイランドにある邸宅で、ひっそりと暮らしていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内