有料会員限定

対話攻勢に出た北朝鮮 非核化の道筋はつくか

拡大
縮小

南北・米朝首脳会談で電撃合意。ただ積み重なった不信感が残っている。

韓国特使団の前で南北首脳会談の開催を確約した金正恩委員長。北朝鮮主導の情勢は続く(共同通信/朝鮮中央通信)

朝鮮半島情勢が大きく変わろうとしている。4月末に南北首脳会談、5月までに米朝首脳会談が行われる。これまで圧力一辺倒だった対北朝鮮政策が、根本的に変わりそうだ。

3月5日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は、訪朝した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の特使団と南北首脳会談の実施に合意した。実現すれば、2000年6月、07年10月に続き3度目の南北首脳会談となる。

核実験とミサイル発射を繰り返してきた北朝鮮が対話攻勢に転じたことは、さまざまな憶測を呼んでいる。米国主導による経済制裁が効き苦境を脱するため、あるいは核・ミサイル開発をさらに進める時間を稼ぐためといった指摘がある。

そうした側面もなくはないが、首脳会談の合意は、金委員長の計画に沿ったものと見るほうが正解に近い。その理由は、今年発表された新年の辞にある。「核武力の完成」と「戦略国家」の二つがキーワードだ。

北朝鮮主導で進む

核武力が本当に完成したかどうかはわからない。ミサイルに装填できるほどの核爆弾の小型化は完成に近いとされるが、ミサイル発射後の大気圏再突入技術や飛行制御技術はまだ完成していないという分析もある。だが、なぜこの時期に金委員長が「完成」をうたい、自国を「戦略国家」だと位置づけたのかを深く考える必要がある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内