有料会員限定

学びを支える最強アプリ8選 »»Part3 ライフ・シフトの第一歩

印刷
A
A

忙しい、意欲が続かない…。そんな社会人の学びの課題を克服する。

社会人の学び直しの方法は、学校に通うだけでなく、勉強会に出掛けたり、副業などの本業とは異なる体験をしたりと幅広い。ただ特定の体系的な知識を身に付けたり、自身の学びをアウトプットしたりするには、時間をつくり、一人で集中して学ぶことも不可欠だ。

そこで課題となるのが時間の捻出やモチベーションの維持。スマートフォンのアプリがその心強い味方となる。本稿では目的別に八つのアプリを厳選して紹介する。

記録に残すことが習慣化には有効

社会人が勉強する際、まず必要なのは勉強する目標をハッキリさせること。資格を取る、海外で通用する英会話力を身に付けるなど、目標を明確化させることで、回り道することなく、最短ルートでゴールに到達できる。

忙しさにかまけて目標を見失わないためにも、今何をして、これから何をすべきかを、スケジュール管理サービスなどを利用して“見える化”しておきたい。

そこで便利なタスク管理アプリが「Todoist」。Googleカレンダーと連動させられるため、目標までのステップを階層構造で確認し、その日程が妥当かをカレンダー画面で確認できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内