有料会員限定

韓国の海運大手が破綻で運賃急騰、物流も混乱 郵船など日系3社含む戦略提携から離脱も

印刷
A
A

需給好転で一時急騰した運賃も頭打ち。物流の混乱もしばらく続きそうだ。

米国ロングビーチ港の海上に停泊する韓進のコンテナ船。後日、入港を許可された(AFP=時事)

韓国最大手の海運会社・韓進(ハンジン)海運のコンテナ船が各地で入港を拒否され、1カ月以上にわたって海上での停泊を余儀なくされている。

異常事態が起きるきっかけとなったのは、韓進の経営破綻だ。同社は8月31日、自力での再建を断念し、日本の会社更生法に相当する「法定管理」に入った。

コンテナ事業は一定の航路を定められたスケジュールに従って運航し、不特定多数の荷主から多種類の貨物を引き受けて輸送を行う。コンテナ船腹量で世界7位、シェア約3%の同社は2011~13年に3期連続で営業赤字となったが、不採算船の処分など構造改革を実施し、14~15年は黒字化した。

だが一息ついたのもつかの間、コンテナ市況のさらなる悪化が同社を追い詰めた。中国発北米西岸向けコンテナ運賃は、12年8月の2700ドル(40フィートコンテナ当たり)をピークに下落トレンドが続き、15年の平均は同1500ドル、16年1~9月平均は同1100ドルまで落ち込んだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内