有料会員限定

パナソニック 巨艦 再浮上の条件

印刷
A
A

パナソニックの復活劇に陰りが見える。10兆円の売り上げ目標は撤回、今期は減益計画。赤字事業の数も増えている。踊り場を突破できるのか。

「10兆円の目標を立て、舌の根も乾かぬうちに撤回するのか、という指摘はごもっとも」──。

6月24日に開かれたパナソニックの株主総会では、株主からの「成長戦略が見えない」という指摘に対し、こう答える津賀一宏社長の姿があった。同日、津賀社長再任の可否を問う議案が諮られたが、賛成比率は66%。過去3回の賛成比率がすべて8割以上だっただけに、その低下が目立つ結果となった。

津賀一宏社長の思いは届かず、株価は下落した

特集「パナソニック」の他の記事を読む

今は昔、2011年度と12年度に計1兆円以上の最終赤字に沈んだパナソニックは、津賀社長の舵取りで営業利益3500億円という13年度〜15年度の中期経営計画を1年前倒しで達成(図表1-下)。苦境の東芝やシャープを尻目に、V字回復の成功例という印象を世間に広めた。

しかし、それも過去の代物だ。今年3月には18年度売上高10兆円の目標を撤回。今16年度については期初から減益計画とした。

津賀社長は、今年度は成長投資のための前向きな減益であると訴えたが、思いは届かず、投資家は失望売りに走った。株価は1年前の約1700円から1000円割れにまで下落。その帰結が、冒頭の株主総会における津賀体制への“不信任”だったといえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内