公文式の底力 少子化 の逆風にめげない

印刷
A
A

国内市場縮小にあえぐ教育業界で堅調さが目立つ企業がある。公文だ。その強さの秘密とは。

「先生、宿題やってきたよ!」

学校を終えた子どもたちが次々と集まってくる。住宅街にある公文式教室。棚にある次の課題を取り出し、黙々と取り組む──。半世紀以上前の創業当初から変わらない風景である。

公文式は教室に週2回通いながら、算数(数学)、国語、英語のプリント教材をこなす学習法だ。

1958年に大阪で創業した公文教育研究会は、今や世界49の国・地域で約2万4800の教室を展開しており、生徒数は420万人を超える(1教科1人換算)。直近の売上高は900億円超(図1)。国内教育業界では、最大手のベネッセホールディングスに次ぐ大手グループの一角である。

[図1]
拡大する

特集「公文式の底力」の他の記事を読む

近年メディアをにぎわせてきたのは、海外での躍進だった。70年代に早くも米国に上陸。その後、台湾、ブラジル、ドイツなどへ教室網を広げ、今や生徒数は海外が国内を凌駕する。未上場であるため詳細は非公表だが、「収益でも海外が国内を上回る」(同社)。教育業界における海外進出の先駆者といえる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内