有料会員限定

鴻海(ホンハイ)劇場が始まった! 4月2日、ついに買収契約に調印

印刷
A
A

足かけ5年の交渉が決着した。シャープは鴻海精密工業の傘下に入る。希代の起業家が回す舞台が今始まる。展開は波乱含みだ。

会見の熱狂から一転、宴はひそやかに始まった。

台湾・鴻海精密工業とシャープは4月2日、大阪府堺市にある両社合弁の液晶工場で、鴻海による買収契約に調印した。その場所から程近いホテルで、記者会見の数時間後に行われたこの宴は、髙橋興三社長らシャープの経営幹部や金融機関関係者らに対し鴻海が労をねぎらい、謝意を伝えるのが目的だった。

宴のスピーチで 舞台の幕は上がった

関係者の宴に姿を現した(撮影:ヒラオカスタジオ)

特集「鴻海劇場が始まった!」の他の記事を読む

ホスト、すなわち鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長は、会見に続く金融・産業アナリストや台湾メディアとの質疑応答に追われ、予定を2時間以上過ぎて現れた。

4月2日夜、ホテルで開かれた宴。郭氏(右)は髙橋社長(左)の続投を明言した(撮影:ヒラオカスタジオ)
(撮影:ヒラオカスタジオ)

駆け付け何杯も乾杯した後、舞台に上がってマイクを握った郭氏。そこから歌舞伎のつらね(荒事の長ぜりふ)のように、約10分にわたり朗々とあいさつを述べた。

「私はこのところずっと、自分自身に問いかけています。鴻海という歴史わずか42年の企業が、シャープから学ぶべきことは何なのか、と。思うに最も大事なことは、鴻海がいかにしてシャープのような100年企業になるか、ではありません。それよりも重要なのは共に戦い、シャープをさらに脈々と続く企業にすることです。シャープの次の100年に乾杯!

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内