TSMCの工場を日本に誘致するよりも大事なこと 機械振興協会の井上弘基氏に聞く

印刷
A
A

日本の半導体産業はかつて世界に覇を唱えたが、今ではすっかり凋落してしまった。復活には何が必要か。

機械振興協会の井上氏はキオクシア(旧東芝メモリ)の支援が重要だと指摘した。写真はキオクシアの国内工場(写真:キオクシアホールディングス)

特集「日の丸「半導体」再生の道筋」の他の記事を読む

デジタル社会を担うキーデバイスである半導体の重要性が再認識されている。経済安全保障の観点から、国家が支援する動きが広がっている。
日本の半導体産業はかつて世界に覇を唱えたが、今ではすっかり凋落してしまった。なぜ日本の半導体が成功し、なぜダメになったのか。そして、復活には何が必要か。
経産省系の外郭団体である機械振興協会で長年、半導体産業の支援に携わってきた井上弘基氏に聞いた。

 

――今、「半導体は大事だ」という動きが再び政官で盛り上がっています。

昔からやっていた人間として「何を今さら」「昔から大事だった」と思う気持ちもある。

それでも半導体はやはり重要なので、今の動きを冷笑していてはダメだ。機運を利用して実現可能な範囲で、日本の半導体産業が世界の中でそれなりにユニークな位置を占めることを目指すべきだと考えている。

――日本に人材や技術は残っていますか?

まだ残っている。発明自体はかなり昔になるが(データが読み書きできる)フラッシュメモリーは日本のオリジナル技術だ。イメージセンサーもまだトップにいる。パワー半導体は苦戦する部分もあるが、今はまだ弱いとは言えない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内