サンドラッグ会長「電撃辞任」に映る焦燥感 利益重視から強気の拡大計画へ

印刷
A
A

「業界の天才」が築いた勝ちパターンに陰り。戦略転換には高い壁も。

ドラッグストア業界で大手の一角を占めるサンドラッグが岐路に立っている。写真はCVS虎ノ門店

大手ドラッグストアのサンドラッグで5月、「実力派会長」が電撃辞任した。辞任したのは代表取締役会長の才津達郎氏(73)。辞任の理由について同社のリリースには、「一身上の都合」とだけある。

「急な辞任で驚いた」「まさか功労者の才津会長が辞任するとは。何かあったのか」。業界関係者からはそんな声が聞こえてくる。

突然の発表に周囲がざわつくのには理由がある。辞任した才津氏は、サンドラッグの「中興の祖」ともいえる人物だからだ。

1957年に東京都世田谷区で多田幸正氏(故人)が創業したサンドラッグは、65年からチェーン展開を開始。現在は東京を中心に全国で「サンドラッグ」を展開するほか、ディスカウントストアの「ダイレックス」を運営する。総店舗数は1216店、2020年度の売上高は6343億円だ。上場ドラッグストア13社の中で売上高は4位と、大手の一角を占める。

才津氏は13年までの約20年間社長を務め、その後も会長として経営に携わってきた。社長在任中は20期連続で増収増益を達成。売上高は約16倍、営業利益は約12倍に成長させた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内