人事評価に翻弄される本部社員 「自腹営業」も制度が原因か

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4
拡大
縮小
セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長(左)、ローソンの竹増貞信社長(中)、ファミリーマートの澤田貴司社長(右)ら経営陣は社員の心をつかめているのか(撮影:今井康一、風間仁一郎、佐々木 仁)

特集「コンビニの袋小路」の他の記事を読む

「日販が低い店をつくらないための仕組みだったが、本質を浸透させられなかった」(ローソン広報)。直近の2年間採用していたある人事評価基準について、ローソンは反省の意を示す。その基準とは、出店候補地の見定めから不動産物件の契約、加盟店オーナーの募集までを行う店舗開発部門を対象としたものだった。

開店2カ月目の日販(1店舗での1日当たり平均売上高)が、出店前に稟議書に記した予想数値の80%以下ならば、その店は出店数に含めない。65%以下ならば出店どころかマイナス1店と見なす──。2018年度に導入されたこの評価基準は、出店にこぎ着けても実績として数えてもらえないという点で社員に厳しいものだった。評価はボーナス額に影響するので、まさに死活問題だった。

しかも従来は、開店2カ月目以降の1年間の日販で評価されていたのに、開店2カ月目の日販で判断されることになった。

「異動もあるのに1年経たないと結果がわからないというのでは、責任を負わせられない。また、開店2カ月目の日販と、開店2カ月目以降の1年間の日販は近しい数字。そのため開店2カ月目の日販で査定することにした」。ローソン広報はそう説明する。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内