投資継続か?事業回帰か?岐路に立たされる孫社長 アクティビストに目をつけられるほどソフトバンクGの株価が割安な理由とは

印刷
A
A
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は第3四半期の決算説明会でポジティブな変化を強調した(撮影:尾形文繁)

「潮目が変わった決算でございます」。 2月12日、2019年4~12月期の決算説明会で、ソフトバンクグループ(以下SBG)の孫正義会長兼社長はそう切り出した。

孫社長が変わったと指摘する根拠は3つある。まず米スプリントと米TモバイルUSの合併が最終段階に入ったこと。次に保有株の時価から純有利子負債を引いた「株主価値」が2月12日時点で、19年9月末から約5兆円増えていること。最後に19年10~12月の3カ月間の営業損益が黒字に転換したことだ。

スプリントとTモバイルとの合併は確かに潮目が変わったといえるだろう。米連邦地方裁判所が2月11日に合併差し止め請求を棄却。同請求を主導してきたニューヨーク州が上訴を断念したことから、発表から2年近くを経て、ようやく合併が実現しようとしている。

一方、2番目の「株主価値の増大」は、ほとんどが中国アリババの株価上昇によるものだ。5兆円増えたうち、実に4兆円弱をアリババが占める。同社の株価次第では、容易に減少へと転じるおそれがありそうだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内