孫正義が語った「政治への関心」と「アームの未来」 台北の講演イベントに登壇

拡大
縮小
現地財界人を大いにわかせた(記者撮影)
ソフトバンクグループの孫正義会長が6月22日、台湾・台北で開かれた講演イベントに、台湾・鴻海精密工業の創業者である郭台銘(テリー・ゴウ)とそろって登壇した。会見で何を語ったのか。その模様を会員限定でお届けする。

 

郭氏は2020年の台湾総統選への出馬を目指している。孫氏との親密な関係を強調することで、自身のビジネスにおける経験や人脈を政界と有権者に訴えようとしているようだ。

イベントでは、孫氏の投資経験を借りて台湾のスタートアップ企業を育成する案などが示され、来場した現地財界人を大いにわかせた。

孫氏といえばドナルド・トランプ米大統領の当選後にいち早く面会し、対米投資拡大をアピールした姿が記憶に新しい。しかし、台湾は米中関係を左右するデリケートな国である。盟友関係にある郭氏の出馬を支援するとなれば、孫氏と政治の距離はいっそう近くなる。

次ページ「野望は持っていません」
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内