有料会員限定

オイシックスドット大地 社長 高島宏平 起業家の子ども時代「出る杭を育てる」 最終回

印刷
A
A

有機野菜のネット通販を手掛けるオイシックスと、同業の大地を守る会とが2017年10月に経営統合し、誕生したのがオイシックスドット大地だ。同社社長の高島宏平(44)は2000年にオイシックスを創業。若年層の女性を中心に支持を広げ、有機野菜宅配という新市場を切り開いた。順風満帆に映る宏平のキャリアだが、原点にあるのは意外なほど過酷な子ども時代の経験だった。

(ジャーナリスト:吉井妙子)

病身で対峙した「2人の自分」

普段は凛とした表情の宏平が、子ども時代について問うと、少し伏し目がちにゆっくりと話しだした。「子どもの頃はぜんそくとの闘いでした。呼吸できない苦しみは悶絶するほどつらい。“死”はいつも身近に感じていましたね」。

精力的に事業を拡大してきた敏腕起業家の姿からは想像できない言葉だった。ぜんそくが収まったのはほんの数年前という。

「病弱だったので、親はどんなふうに育ってほしいというより、まずは元気でさえいてくれればいい、という思いだったはずです」

宏平は1973年、神奈川県で生まれた。大手通信会社に勤務する父、専業主婦の母、2歳下の妹との4人家族。最終的に副社長に就任した父は転勤が多く、宏平は幼稚園で2回、小学校で3回転校している。転校は、幼い宏平の心に大きな影響を及ぼした。

幼稚園時代に大阪に引っ越した際、先生の話す大阪弁を理解できず、指示どおり行動できなくてしかられた。小学校では体が弱く学校を休みがちなのに成績がよく、いじめの対象にもなったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内