有料会員限定

傾注する抗がん剤の開発は順調か Interview|第一三共 社長 眞鍋 淳

印刷
A
A

臨床で期待以上の効果 国内での自社開発を重視がん細胞を強く狙い撃ちできる抗体薬物複合体(ADC)の抗がん剤の開発に力を入れている。フラッグシップの「DS-8201」の承認申請は2020年度の予定だが、1年前倒しも検…

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内