有料会員限定

北朝鮮を押さえ込む手はあるのか 米政府の本音は

✎ 1〜 ✎ 70 ✎ 71 ✎ 72 ✎ 最新
拡大
縮小

国際社会が北朝鮮に振り回されている。相次ぐミサイル発射に続いて9月3日、6度目の核実験を強行。「ICBM(大陸間弾道ミサイル)に搭載できる水爆」と豪語している。最終的には米国との直接交渉で体制の保障を引き出し、核保有国として認知させようという狙いは明らかだ。

米国は「核・ミサイル開発の放棄が前提」として、容易には交渉に応じない姿勢で、軍事攻撃を含めて「すべての選択肢がある」と牽制する。だが、北朝鮮の挑発はやむ気配がない。日本列島を飛び越えるミサイルも発射され、日本にとっても重大な脅威となってきた。

8月、ミサイル発射をめぐって北朝鮮は複雑な動きを見せた。まず、米国領グアム周辺に弾道ミサイルを発射する計画があることを公表。トランプ米大統領は「北朝鮮は世界が目にしたことのないような炎と怒りに直面する」と激しく反発した。その後、北朝鮮はグアムへのミサイル発射を行わずにいる。ただ、米国が自国領への攻撃には敏感に反応することを北朝鮮は把握することができた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内