有料会員限定

芸人・アナウンサーに学ぶ「最強のコミュ力」 伝わる・つながるコミュニケーションの技法

印刷
A
A

上司と部下、営業先・客先、人間関係を円滑にするにはコミュ力が不可欠。しゃべりのプロから話術上達のヒントを得よう。

[ポイント1]
松竹芸能の企業向け研修講座「笑育」が人気を博している。

[ポイント2]
「笑育」ではお笑い芸人を講師に、笑いを活用してプレゼンへの苦手意識を克服する、強い印象を残すなどのお笑いメソッドを学ぶ。

[ポイント3]
企業の社員研修は、5年ほど前からコミュニケーション力を高めるための研修が増えている。しゃべりのプロから学ぶものは多い。

 

新社会人がビジネスパーソンの仲間入りをしてから、3週間余りが経った。1990年代生まれのゆとり・さとり世代と呼ばれる新社会人は、LINEやツイッターなどSNSでのコミュニケーションがメイン。そのため、「深い人間関係を築くのが苦手な人が多い」と、IT業界を中心に人材育成の研修を行うチェンジで、人材開発サービスユニット統括ゼネラルマネジャーを務める懸山聡氏は話す。

ITが普及し、インターネットで検索すれば簡単に知識や問いに対する正解らしきものは手に入る。今の20代は物心ついたときにはネットやパソコンがある環境だったため、情報検索力・収集力は優れている。一方で、人間関係が希薄なせいか会話や雑談は苦手。短文やスタンプなど単純化されたコミュニケーションが増え、「文章作成力も極端に低くなっている」(懸山氏)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内