有料会員限定

小池流企業進化論 ブラザーを変え続ける

印刷
A
A

「家族主義」「愚直」を信条とするブラザー工業社長の小池利和。高く評価される手腕は100年企業の風土の中で養われた。新時代、ブラザーをどのように進化させるのか。

自宅でカタカタと音を立てて動くミシン。そのミシンに刻まれている文字は「BROTHER」だった。世代によってはそんな記憶が残っているはずだ。その製造元であるブラザー工業はミシンで会社の基盤を固めた後、大きな変身を遂げた。現在はファクスやプリンタ、その複合機など情報通信での売り上げが6割を超える、IT企業である。

事業の原点となった麦わら帽子製造用環縫ミシン(1928年)

特集「小池流企業進化論」の他の記事を読む

ブラザーは2016年で創業108年となる老舗企業だ。創業100年を目前とした07年に創業者一族以外で初の社長に就任したのが小池利和である。1979年の入社以来、20年超を米国で過ごしたという、ブラザーの中では異色の経歴を持つ。

ブラザーの名は情報通信機器のブランドとして浸透した。その立役者がいるとすれば、それは小池をおいてほかにない。ブラザーの現在地を象徴する人物が小池なのである。

得体の知れない複合企業の正体

小池本人が見るブラザーの姿は、「得体の知れない複合企業」だ。プリンタとファクス、コピー機能を1台にまとめた「情報通信複合機」を世界で初めて作ったのがブラザーだ。「単機能は儲からない」。80年代末から90年代初頭、小池が複合機を世に送り出した。それ以降、ブラザーは複合機のリーディングカンパニーとなる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内