有料会員限定

オーストリアが抱える悩み 専門家不足が足かせに

印刷
A
A

5月、オーストリアの大統領選挙で極右政党「自由党」の候補が僅差で敗れた。この結果について自由党は今も異議を唱えている。

自由党は多くの民衆の支持を集めており、欧州政治や難民危機への対応について、不安をあおる主張を繰り返している。重要なのは、何がオーストリアにとっての病かを正確に診断することだ。さもなければ、治療しても病がさらに悪化する事態になりかねない。

オーストリアはかつて欧州でも有数の経済成長を遂げた。しかし2012年以降の同国経済はまるで線香花火のように消えかかっている。15年のGDP(国内総生産)成長率はわずか0.7%。これを下回る国は欧州でギリシャとフィンランドだけだ。一方で失業率は10年の5%から今では10%にまで上昇している。

オーストリアの繁栄の源泉を理解するには、過去に同国がいかに中欧や東欧の諸国と関連が深かったかを見ていく必要がある。まず欧州連合の東方拡大政策の恩恵を受けた。その際、オーストリア企業は東欧諸国へ重点的に投資を行ったのだ。企業のみならず銀行も進出し、融資を実行。これらは事業として奏功し、自国の経済成長につながった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内