中外製薬が描く好決算の先 「抗体カクテル」効果が炸裂

拡大
縮小

7月承認のロナプリーブが大貢献。強気見通しの要因はほかにも。

抗体カクテルは静脈に注射し、およそ1時間かけて点滴を行う。2021年8月からは外来診療での投与も。写真はイメージ(時事)

製薬大手・中外製薬の勢いが止まらない。

同社は10月22日に2021年1〜9月期の決算を発表。売上高は前年同期比17%増の6774億円、営業利益は同24%増の2828億円となった。

今回の決算で注目すべきは、新型コロナウイルス感染症向けの抗体カクテル療法として知られる「ロナプリーブ」だ。7〜9月期に、この1剤だけで823億円の売上高を計上したことが収益を大きく押し上げた。

中外は今年7月にロナプリーブの承認を取得。政府とは21年内分の供給契約を結んでいたが、その供給量や1人当たりの価格は明かされていない。そのため実際の業績インパクトはこれまで未知数だったが、それが今回明らかになった。政府による一括買い上げという“ボーナス”とはいえ、発売初年度の売上高が800億円超の新薬は異例だ。

ロナプリーブは、体内でウイルスの増殖を抑える、別のタイプの抗体2つをブレンドして使う。それが「カクテル」という呼称の由来だ。これにより、ウイルスに変異が起こっても効果をキープしやすい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内