有料会員限定

中国向けEC販路の最前線 日本ブランドを売り込め!

印刷
A
A

中国の消費者へいかにしてモノを売るか。新たな動きが広がっている。

ジャーナリスト:高口康太
写真:化粧品を説明するソーシャルバイヤー。友人とのビデオチャットのような雰囲気で、商品情報を説明していく

「やあ、みんな。始まったよ。今日は日本からの放送だ。すばらしい商品を紹介していくよ」

3月上旬、東京・池袋のスタジオで、中国向けのライブコマースが始まった。ライブコマースとは、動画の生放送によるインターネット販売。視聴アプリには購入ボタンがついていて、気になった商品をすぐに注文できる。視聴者が動画を見ながら質問を書き込むとすぐに答えてくれるインタラクティブ性も大きな特長だ。

視聴者からの質問は画面に表示され、バイヤーがすぐに答える

この放送でも、カメラの前で「ソーシャルバイヤー」と呼ばれる中国人の男女が、実際に化粧品やパックを使いながら使用感をリポート。「ベタつかない?」「分量はどれぐらいあるの?」といった質問に手際よく答えていた。実店舗での接客のようなコミュニケーションが印象的だった。

中国では2015年以降、こうしたライブコマースが急速に広がり、多くのネット通販(電子商取引=EC)サイトで採用されている。中には1日で3億3000万元(円換算で約50億円)を売り上げたバイヤーも出現するなど、産業規模は拡大している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内