有料会員限定

海外進出・株式上場…新日本プロレスの復活と野望 新日本の勢いを牽引するのは女性ファンだ

印刷
A
A
若い頃からトップ戦線で活躍するオカダ・カズチカ(© 新日本プロレス)
暗黒期を抜け出してV字回復したプロレス界の雄は、外国人新社長の下で攻めの姿勢を貫いている。

 

日本列島を大型の寒波が襲った1月4日。東京ドームは屋外の寒さがウソのように、異様な熱気と興奮に包まれていた。この日行われていたのは新日本プロレスリングの興行。メインイベントのケニー・オメガ対棚橋弘至のタイトルマッチが終盤にさしかかった午後8時半すぎ、会場のボルテージは最高潮に達し、詰めかけた観客が両者の激しい戦いに熱狂した。

1月4日のメインイベントでは、棚橋弘至とケニー・オメガが激しい戦いを繰り広げた(© 新日本プロレス)

新日本プロレスが今、アツい。4日の東京ドーム大会では3万8162人(昨年は約3.5万人)を動員。毎月開催される東京・後楽園ホールでの大会や地方大会では満員御礼が相次ぎ、チケットが入手困難な興行も少なくない。

昭和のスター、アントニオ猪木が新日本を創設したのは1972年のこと。それから47年、現在の参戦選手は年間70~80人、1年で約150の興行をこなし、観客総動員数は40万人に上る。前2018年7月期の売上高は50億円近くで着地したもようで、過去最高を記録。わずか5年で3倍も増加し、急成長を遂げている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内