有料会員限定

ホテルラッシュの熱狂 ディズニーバブルに酔う

拡大
縮小

今、新浦安や舞浜で、ホテル建設が熱い。“夢の国”の周辺で何が起きているのか。

セレブレーションホテルは4つ目のディズニーホテルになり、ミッキーマウスも使用可能(撮影:風間仁一郎)

新浦安駅(千葉県)から車で約10分。南国風の街路樹が並ぶ瀟洒(しょうしゃ)なマンション群を抜けると東京湾に面した区画に出る。新浦安エリアでは今、一つのホテルが改装中で、新たに三つのホテルが建設計画を立てている。

最も注目を集めるのは6月1日に一棟目がリニューアルオープンした「東京ディズニーセレブレーションホテル」だ(二棟目は9月に開業予定)。東京ディズニーリゾート(TDR)を持つオリエンタルランドの傘下で、ホテル事業を統括するミリアルリゾートホテルズの子会社が運営している。2005年に開業、10年ほどで全面改装したのは、「顧客の選択肢をもっと増やすため」(久保哲也・セールス&マーケティング部長)。

そのミリアルリゾートは、TDRが間近な舞浜エリアで「東京ディズニーランドホテル」など、三つのホテルを運営。ディズニーキャラクターを使用でき、最もランクの高い“ディズニーホテル”の位置づけにある。どこも客室単価は、1室で1泊5万〜6万円と高額なのに、年間稼働率が90%台の盛況ぶりなのだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内