2.3万人失踪「技能実習生」声なき声を救う手段 トヨタや花王等参加のプラットフォームが始動

印刷
A
A

日本では2018年からの3年間で、計2.3万人の技能実習生が失踪している。そんな中、実習生たちの「声なき声」を救う取り組みが動き始めた。

カンボジア人技能実習生の相談に乗るPOSSEの職員(写真:POSSE)

1月上旬の週末、神奈川県内のファミリーレストラン。その一角に、4人のカンボジア人と労働・生活支援団体の日本人が集まっていた。

「夫が居ないことが寂しくて耐えられない。別の地域にいる親戚のところへ引っ越したい」。疲れきった表情で話すのは、愛知県で技能実習生として働く25歳のカンボジア人女性だ。「日本でお金を貯めて子どもにいい教育を受けさせたい」と、夫と一緒に実習生として2年前に来日した。

しかし2022年に入ってすぐ、夫は自殺した。「不規則な労働時間や住環境が原因であることは明らかです」と女性は振り返る。発見された遺書には、「仕事はしたいが、職場に問題があり、戻りたくない」旨が記されていた。自殺の前、職場から「失踪」していたのだ。

夫の実習先は、ある有名菓子メーカーの工場。午前2時や3時からのシフト勤務に入ることもざらで体調を崩すようになった。「会社や監理団体(実習生の受け入れ窓口)に相談しても『がまんしろ』と言われ、転職も認められなかったようだ」と、同じく実習生の友人は証言する。

企業責任を問うのは「怖い」

技能実習制度では原則、転職することが認められない。女性は今、自分が転職できるかどうか、引っ越し代をどうするか、さらには監理団体に肩代わりしてもらった夫の葬儀代60万円を工面できるかで頭を悩ませている。

女性をはじめとした遺族と友人らは、会社に責任を問うかについては決めかねている。「自分たちが仕事を失うかもしれず、怖い」(相談した実習生)と、不利益を被ることを恐れているからだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内