有料会員限定

「血流」よくするロート流管理術 あだ名で呼び合う 朝は週替わり体操

印刷
A
A

働く人の楽園「ロートユートピア」を作りたい──それが2代目社長の山田輝郎氏の夢だった。輝郎氏の時代に完成した大阪の生野本社を訪れると、ロート製薬の文化を存分に感じることができる。それは、「全社一丸となって楽しく元気に働こう」という文化である。春には桜の下で社員がお花見。昼休みには社員が芝生のグラウンドでサッカーやキャッチボールに汗を流し、夏には本社のプールで家族と泳ぐ。

今や単体社員が約1500人に増え、東京や大阪・梅田にもオフィスを持つロートだが、ベースにあるのは、風通しのよい徹底的にフラットな組織だ。社員同士は新入社員から経営陣まで、全員がさん付け、あるいは「ロートネーム」というあだ名で呼び合う。山田邦雄会長の呼び名は「邦雄さん」。ロートネームは、社員一人ひとりのIDカードに書かれている。

役員室もない。会長はじめ役員は社員と机を並べて座り、フロアをぶらついては社員に声をかける。吉野俊昭社長が「何かおやつ持ってない?」と尋ねつつ、さりげなく現場の声を拾うというのも日常風景だ。社員は普段からトップと直接話ができる。新商品開発などのゴーサインが素早いのは、普段のコミュニケーションが活発だからである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内