有料会員限定

沸騰!VR マネー 専用端末が相次いで発売される"VR元年"の虚実

印刷
A
A

2025年に市場規模9兆円が予測されるVR市場。専用端末が相次いで発売される“VR元年”の背景にある熱狂の虚実。

「モバイルが現在のプラットフォームなら、VR(バーチャルリアリティ、仮想現実)は将来のプラットフォームだ」

2014年3月、米フェイスブックは20億ドル(約2240億円)でVRのスタートアップ企業・米オキュラスを買収した。マーク・ザッカーバーグCEOは、冒頭のコメントで世間を驚かせたが、反応は賛否両論だった。VRはフェイスブックにとって門外漢の技術に見えたし、普及には時間がかかると思われていたからだ。しかし当時の言葉が、いよいよ現実味を帯び始めてきた。

3月28日、オキュラスは4年がかりで開発を続けてきたVR端末「Oculus Rift(オキュラス・リフト、以下リフト)」を発売した。ゴーグルのように頭に装着するヘッドマウントディスプレーで、599ドル(日本向けは8万3800円)という高価格ながら予約が殺到。1台15万円は下らないゲーム用PCに接続する必要があるが、世界中のコアゲーマーたちは飛びついた。初回出荷分は予約でいっぱい、今から注文すると届くのは数カ月後という人気ぶりだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内