富士通「幹部3000人」の希望退職に映る覚悟と焦り 中計目標達成に全力

拡大
縮小

過去の人員整理と「根本的に違う」という大胆施策で、何を目指すのか。

2019年3月期にも一般社員などを対象に大規模な早期退職を実施した富士通。今回はそれを上回る規模だ(撮影:尾形文繁)

ITサービス国内首位の富士通が、幹部社員の“入れ替え”を急ピッチで進めている。

同社は3月8日、本体と国内グループ会社で募集していた早期退職に、主に50歳以上の幹部社員3031人の応募があったと発表した。退職金の積み増し分や再就職支援の費用として650億円を計上するため、2022年3月期の営業利益予想を下方修正。過去最高益の計画が一転、営業減益となる。

富士通のグループ従業員数は、グローバルで約13万人、国内で約8万人だ。今回の希望退職で会社を去る人数は、国内従業員の4%弱に当たる。19年3月期にも大規模な早期退職を実施し、一般社員と幹部社員2850人が退職したが、今回はそれを上回る規模だ。

大規模な早期退職を実施した背景には、成長事業を牽引できる人材の登用という狙いがある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内